ハンガリー生まれの農業家ゲルゲイが耕すグルメガーデンGG FARMの旬やハンガリーの食などを綴っています。


by GG FARM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

おやさいたっぷり雑炊

毎週火曜日の午前中はRが自宅で親子教室、プレママとママ達のためのつぼみの会を開いているので、Gは畑仕事をお休みしてVちゃんのためにゆっくりしていました。
教室に集ったこともたちやママたちと、昨日の夕方畑で収穫したお野菜を切って、それと有機三分づき米を天然だしと味噌味でじっくり煮て頂きました。
今日のお野菜は、人参、かぶら、さんどまめ、ハンガリアン豆、大根、コールラビ。
自分達で切ったお野菜だからなのか、子供たちも喜んでパクパクたべてくれていましたね♪
お写真を撮ろうと思っていたのですが、みんながおかわりをたくさんしてくれてあっという間になくなったので、とりそこねてしましました。
そのお写真のかわりに今日お庭に咲いていた小さな花々と羊毛で作ったカタツムリさんです。
黄色い小さな花は摘んでも摘んでも花が増える菊菜の花です。
畑で大活躍した菊菜を先日自宅へお引越ししました。
f0144707_22111137.jpg

[PR]
# by gg-farm | 2007-07-10 22:01 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(2)
このベジをご存知ですか?カラフルスイスチャードと申します。他の国では、確かニュージーランドではレインボーチャードと呼ばれているそうで、そう、名の通りカラフルな色が葉脈と茎に見られます。赤、ピンク、ショッキングピンク(ホントにショックなくらいピンク色です!)黄色、白、オレンジ色など数種類葉脈の色が、緑色の葉と対照的です。葉が小さいときはサラダでもいただけるくらいアクもくせもありません。今は夏場なので他の葉物のお野菜と同じようにイカツイ舌触りですが、さっとオリーブオイルで炒めて塩コショウで味付けるだけで食べやすくなります。それで火を通してもその色が残るので、白いお皿になんかに盛り付けるとこのお野菜がどうだ!と主張しているかのようになります。
神戸岡本のALBAさんでは、うちのカラフルスイスチャードをパスタやリゾットの仕上げに混ぜたり、お肉の付け合せにさっと焼いて下さっているそうです。
夏至が過ぎるまでは、露地で栽培する葉物のお野菜は種を蒔いても、すぐにトウ立ちして、ギスギスした固いお野菜になってしまいますが、(だからこの時期の葉もののお野菜は高いのかなあ?)このカラフルスイスチャードはそんなことなく、おまけに虫達にもやられずカラフルに私達を元気付けてくれるんです。
f0144707_22462581.jpg

[PR]
# by gg-farm | 2007-07-06 22:45 | Comments(0)
今日は京都の老舗市場、錦市場へ食べ歩き、京野菜の観察に行ってきました♪色とりどりの京野菜、お漬物、新鮮なお野菜、乾物物、お饅頭などなどが200メートルほどにならぶ楽しいこの市場。Gの生まれ故郷は海のないハンガリーなので魚屋さんではいつも感激しています。魚を食べて育ってないのになぜか、新鮮かそうでないか一口で見極められるのは、ワインテイスティングで鍛えられた舌と鼻の技なのでしょうか?京野菜、京料理、この地ならではの食とそれに使われる素材のこだわり、京都の誇りを感じてきました。
ランチは市場の中にひっそりと構えている「晴れ」というオーガニックレストランで。とても雰囲気のよい静かな日本家屋で、シンプル京料理を頂いきました♪
まだまだBABYのVちゃんにはちょっと疲れた市場めぐりだったけど、親子でとても刺激的でたのしい時間をもてたので、明日からの日常がより充実しそうです。
f0144707_6181726.jpg
f0144707_6184823.jpg
f0144707_620292.jpg

[PR]
# by gg-farm | 2007-07-05 20:05 | Comments(0)