ハンガリー生まれの農業家ゲルゲイが耕すグルメガーデンGG FARMの旬やハンガリーの食などを綴っています。


by GG FARM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

熱帯地方のベジ

f0144707_6353127.jpg


温暖化が進んでいるので、
種袋の裏に表示されているカレンダーが
通用しないことがよくあります。

今年の夏によく育っている
ササゲ豆や沖縄瓜もそのひとつでした。

どちらも熱帯地方、
特にアフリカの農業を参考にして
種まき、土作り、育て方などをアレンジしてみました。


ササゲ豆は、流れる滝のように育つので、
「けごんの滝」とも言われるようです。
所沢のイタリアンotto農大出身の山形シェフに教えていただきました。

南イタリアやギリシャなどでも
栽培されている情報があります。



この豆は、
真夏ならではの実の締まった肉質が特徴で、

アンチョビ炒めや、
バーニャカウダー、
シンプルにお味噌汁や胡麻和え、
さっと茹でてディップにつけるだけでもグッドです!



f0144707_6362477.jpg


沖縄瓜(まうい)は、西表島の旅で出会い、
種を分けて頂きました。

瓜=くたくたに煮る の範囲を広げてくれる
器用で印象深い味のする瓜なんです。
火を入れても、食感が残って楽しい瓜です。

ピクルスはもちろん、
カレーや炒め物にも向いています。

西表ではどうやって食べるんだろう?
[PR]
by gg-farm | 2011-08-31 06:36 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
ブログは、この記事の下にあります。


*****************


このたびGG FARMは9月末をもって
日本での活動を休止することになりました。

今の環境と私の今の力量では、
活動に限度があるため、
もう一度ヨーロッパへ戻り、
サスティナブル(持続可能型)農業とキッチン、
娘の教育スタイルを学びなおしたいと考えております。

すべての出会いと、
頂いたチャンスに心から感謝しております。

あたたかいおつきあいとご支援を、
本当にありがとうございました。

2011年夏
Gergely Kalmar



欧州のGG FARMは
続けてこのブログにて紹介させて頂く予定です。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by gg-farm | 2011-08-30 17:11 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
f0144707_21215081.jpg

       Photo by Mr Oota   
                           




兵庫県は、
篠山のフレンチレストラン、ボーシュマンさん。
素敵な御夫妻のレストランです。

GG FARMの草やベジ&ハーブ
(カルドンが大好物でした)を食べて

育っていた山羊のさくらちゃん
里親になってくださったボーシュマンさんが

明日8月30日火曜日にTVで放送されます。

是非御覧になってください♪


8月30日(火)

10チャンネル
関西情報ネット「ten!(テン)」
夕方6時25分ごろから約20分のコーナー
[PR]
by gg-farm | 2011-08-29 21:27 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
2011年9月末をもって
GG FARM オンラインショップは閉店いたしました。

多くの方々にお料理頂き、感謝しています。
ありがとうございました。


f0144707_16322100.jpg



本日より
9月のサマーベジ&ハーブBOXのご予約を
GG FARM SHOPにて承っております。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by gg-farm | 2011-08-28 16:03 | Comments(0)

瓜の味

f0144707_16221763.jpg



まったく雨に恵まれない8月より、

豪雨でもガーデンが潤うほうが、
ベジ&ハーブもストレスフリーです。

まだまだ続きそうな瓜三昧!

スイカ好き!が育てる瓜なので、
けっこう神経を使っております。

初夏に育った豆畑の後の
ふくよかでリッチな土が必須条件、
物によって一等地、二等地、
日当たりなど計算して世話をしています。

f0144707_16125144.jpg


煮る&お漬物もおいしいですが、
瓜本来の繊維の細かさや甘さを
お試しいただきたいなと思います。

ちょっと塩を振ってアテにしたり、
バターやオリーブオイルで炒めてみたり、
ラタトゥユやカレー、肉詰めにして
遊んでみてくださいね!

イタリアンズッキーニ第2段も
もうすぐ出動予定です。

f0144707_16131642.jpg

メロン★冷蔵庫での追熟も可能です。表面が白くなっていくのは、甘くなっていくしるしです。フルーツとしてもおいしいですが、ピクルスや糠漬けもおススメです!



f0144707_16155964.jpg

白瓜★メロンのような香りもします。油で加熱して頂くほうが、甘くなります。見た目より繊細なので、出汁で煮るとちょっともったいないかもしれません。


f0144707_161791.jpg

沖縄瓜(まうい)★3年前の西表島への旅先で頂いた種で子孫繁栄しています。今育っている瓜の中では一番歯ごたえに弾力があります。ピクルスにして、パテなどのつけあわせや、バーベキューの脇役で。

f0144707_16262289.jpg

f0144707_16263377.jpg

イタリアン食堂ALBA(東灘区)★瓜三昧&夏の青菜やハーブがたっぷり入った手打ちパスタ


f0144707_16274657.jpg

f0144707_16275579.jpg

ワインバーマグノリア(三宮)★上・はぐら瓜の皮ごとピクルス 下・ハーブ水餃子
[PR]
by gg-farm | 2011-08-28 15:04 | レストラン☆Restaurants | Comments(0)

夏季休暇のお知らせ

f0144707_0495748.jpg


勝手ながら
8月24日(水)~8月28日(日)まで
夏季休暇を頂きます。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by gg-farm | 2011-08-24 00:50 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
それは、日本で出会った
ニラがきっかけではじまりました。

切っても切っても
毎年毎年育つニラ。
エキゾチックで個性的!

ニラにかわる
欧州ベジとは・・・・・・・

f0144707_18323895.jpg

       スパニッシュポアロの根っこ



欧州の森に自生する葉ニンニクでは
風味が物足りないし、

ポアロは、
ニラほど生命力が強くないから
根っこを残して収穫しても、
日本の湿気にダウンして夏を越せない。

ヨーロッパでは、その昔、
ポアロの葉だけを
ニラのように収穫して
毎年育てて食べていたのだけど。

f0144707_18325451.jpg
 
        スパニッシュポアロの種



そこで、古書でであった
スパニッシュポアロ

2年越しであたためて
やっと出動できた野菜でありました。

葉、根、、種、
それぞれシェフ達に可愛がって頂きました。

ありがとうございました。



f0144707_1833665.jpg
 
              スパニッシュポアロの種粒
[PR]
by gg-farm | 2011-08-21 18:35 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

コメディアンズッキーニ

f0144707_16543330.jpg



暑さのピークも過ぎたようで
ほっとしますね。

こんなに暑いと
春が寒かったことを思い出せませんが、

初夏に毎年登場させていた
欧州のズッキーニいろいろ・・・・

今年は、その春の寒さで、
種を蒔いても世話しても
落選ばかりしていました。

ならば!
イチカバチカで、
シチリアンズッキーニに
挑戦してみたところ、

コメディーになってしまいました。

f0144707_16545853.jpg


お味は、
みずみずしく、
繊維も細かく
甘いのが特徴です。


シチリアズッキーニ(ズッキーナ・ルンガ)
瓜科

主にシチリアや南イタリアで栽培されています。

食べ方★ロースト、ミネストラ、詰め物、フリッタなど

f0144707_16551352.jpg



葉っぱや芽(テネルーミtenerumi)もお料理に使われます。
ミネストラによくつかわれ、
シチリアの郷土料理といわれています。


今年は8月前半に
想像以上の雨に恵まれたので、
遅咲きの欧州ズッキーニいろいろが
9月前半に登場予定です。

ズッキーニの花と一緒に
楽しみにお待ち下さいませ♪
[PR]
by gg-farm | 2011-08-18 16:55 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
f0144707_1953337.jpg


Dear All,

During June we had a chance to dine
with our best food journalist friend in a new restaurant in Nihonbashi, Osaka.
The place situates on an old street,
where the local shrine determines
to maintain the original looking of the milieu.

f0144707_1954134.jpg


The evening lights are missing, as well as the ugly Japanese electric cables.
Of course, the choice of position for this restaurant was not coincidence.
La Cime lead by Takada Chef represents Escoffier’s cuisine classique
in almost every aspect.

f0144707_19542699.jpg


The interior is luxuriously spacious with high sealing and distances
between tables offering very Western atmosphere.
The wine list is very extensive with fine choices
from almost every corner of France
from budget bottles from 45 USD to vintage wines up to 3,000 USD.
We stayed by a smoky and crispy 2006 Pouilly-Fume,
which suited to the hot day.
The sommelier, Kevin, a young with all the talent
for serving the guests, was throughout cheerful and hospital.

f0144707_19543714.jpg


When we went the theme of the chef was the cuisine of Bourgogne,
with plenty of dishes with white and red wine sauces,
in which vegetables and herbs were carefully incorporated,
a very typical way of cooking in Burgundy.
The service a la russe was extremely smooth
and we could have some space to discuss between the dishes.

f0144707_19553340.jpg


To be honest I missed this type of cooking in Kansai area,
which has been blooming in Tokyo with great success.
At the moment the customers in Kansai do prefer to dine out
in nouvelle cuisine, because the people here historically prefer light meals.
In contrast in Kanto area from Edo period people tend to eat saltier
and excessively marinated food which can match
with the European version of heavy and thick sauces,
like Takada Chef prepared for us.
Not everyone’s piece of bread.
But as a European born guest, I could recall my memories
of the 1980’s restaurants…
but I wish I could have enjoyed this dining in the 1960’s:
[PR]
by gg-farm | 2011-08-15 19:50 | レストラン☆Restaurants | Comments(3)
f0144707_19303865.jpg


「うちの子、青菜食べへんねん~」

そんな会話、よく聞きますね。
悩みますよね・・・・・。



「私の同居人、青菜食べへんねん~」

すっかり諦めて
悩みもしませんでした・・・・。

この会話、
GG FARMが存在する6年前までの
私達の深刻な問題でした。


それが、今では、
真夏でも、真冬でも、青菜なしでは
生きてゆけなくなってしまいました。

また違った
悩みが発生しはじめました・・・・・。


f0144707_1931446.jpg

            写真右から、エゴマ、バジルミント、モロヘイヤ、空芯菜、タイバジル


街から田舎へ
引越しをしたこどもの絵に、
緑や青色が増えた話。


「青菜食べなさい!!!!」と
こどもに叱って食べさせる家庭より、

親が黙って毎日、楽しく、
小松菜を食べ続ける家庭のほうが、
青菜好きのこどもが増えたという調査結果の例。


どれも、
びーちゃんが生まれる前に聞いた話だったので、
こどもがどう言おうと、
おそらく正しいであろう(と思う)食卓の道を、大人が決めて、
毎晩楽しく食べよー飲もー!が我が家の
ルールになっています。

f0144707_19333931.jpg
 
        ルッコラや、紫蘇がテーブルにあったら、何でもまいて食べることがブームのびーちゃんです。


假屋崎省吾さんの
緑一色の生け花に惚れて、

カラーがなくとも、

緑一色の青菜の個性を極めてやるぞ!と

意気込み始め、
青菜を自ら育て、
食べはじめたギャリの例。

(-15キロ、健康度UP!)

チコリやエンダイブの
苦味に隠れた
甘さ、ミネラルまで追求始めたくらいです。


f0144707_19315045.jpg

今月の青菜・・・つるむらさき、空芯菜、モロヘイヤ、エゴマ、紫蘇、ゴマの葉、大根葉、ルッコラ、わけぎ、チャイブ、スイスチャード、ポーチュラカ、カタバミなどなど

夏の青菜。
ネバかったり、苦かったりばかりで
青菜嫌いには、辛い時期ですね。

これめっちゃ好きやねん!

と思えるときがきたら、
夏の青菜の旨さが病みつきになって
育ててしまうかもしれませんし、

青菜が暮らしの身近にあれば、
解決できたりするかもしれません♪


f0144707_19322949.jpg

                  「エゴマは、ハートのカタチシテマスよ」

暑苦しいときに、ベタな記事で失礼しました・・・
[PR]
by gg-farm | 2011-08-14 19:38 | チャイルドキッチン☆ | Comments(0)