ハンガリー生まれの農業家ゲルゲイが耕すグルメガーデンGG FARMの旬やハンガリーの食などを綴っています。


by GG FARM
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

10月の豆達

f0144707_20325595.jpg

                          10月のエディブルフラワー 豆の花



10月も早や末になりましたね。

夏と秋を行ったり来たりしていた10月前半でしたが、
後半はすっかり冬支度モードのガーデンです。

酷暑中、豆苗が出たかと思えば、
ふにゃっとしたりしてしまい、
もう駄目か駄目かと諦めかけた秋豆達でしたが
例年以上にみずみずしくて豊作でした。

春豆が終わると暑い夏がやってきますが、
秋豆が終わると寒い冬がはじまる合図です。

先日GG FARMにも木枯らしが吹きました。
寒さと共に、秋豆とはお別れですが、
11月以降は、
豆が根から栄養素を残してくれたふくよかな土で
冬の甘い青野菜や根野菜がミネラル豊富に育ちます。

お鍋やポトフが恋しい季節ですね。
お魚やシビエの準備はいいですか~

10月の秋豆達
[PR]
by gg-farm | 2010-10-28 20:36 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
f0144707_15573338.jpg


11月のグルメベジ&ハーブBOXを
GG FARM SHOPにて紹介スタートいたしました。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by gg-farm | 2010-10-25 15:58 | Comments(0)

Dear All,

f0144707_727159.jpg

What an amazing weather is keeping us so much
in the mood of summer, isn`t it an Indian Summer?
The butternut squashes, the French and the Morocco beans,
and so the Ethiopian aubergines are still thriving in a heavenly manner.


Thereof the restaurants who were gifted Michelin stars
in Kansai Area recently…

f0144707_6184373.jpg


The gardening is such a pleasure now
with admirable daytime highs of 23-25 degrees,
and no so cool nights yet coupled with standstill air.
The heavy rainfalls are kept away from region too,
which would otherwise damage the small seedlings of lettuces,
endives, chicories and other delicate leaf-seedlings.

f0144707_6245434.jpg



The late summer invites us to blow up a bottle
of a sort of champagne, we have been enjoying so
at home since September.

The Weninger Kekfrankos rose brut champagne is an excellent match
with fatty meats, such as Berkshire (kuro-buta)or Mangalica
(obake-buta as our daughter named this kind hairy pig breed
from Hungary) pork. You can buy Mangalica meat in Japan here;

http://www.picksalami.jp/mangalica/

f0144707_621298.jpg

Last time when friends came over to our house,
I prepared a simple dish, Marco Pierre White`s Cracked pork belly.
Marco, is the forefather of la cuisine moderne,
loves the good fat content on the pig, which becomes obvious
if you watch this link below;


http://www.youtube.com/watch?v=nMAExXO3Fko&feature=related

f0144707_1524395.jpg


If you have a Mangalica or Berkshire pork belly
for this recipe please note following adjustments:
Into the Brussels tray, please pour less water
than Marco does, because the fatty Mangalica pork sweats out
so much lard, that your gravy would become too liquid.

Cook exactly 1 hour 50 minutes and keep 160 degrees strictly
(do not go above).

Use much less coriander seed, if it is from GG Farm.


f0144707_6215618.jpg

[PR]
by gg-farm | 2010-10-24 06:12 | English Dialy | Comments(10)

Fujiya1935

f0144707_1617155.jpg

Fujiya 1935

Renewed Fujiya 1935, the Pablo Picasso laboratory


Dear All,

Finally we can take some break from the busy autumn sowing,
and gardeners are all allowed to take place
in various fun-time activities here and there.

Some others, restauranteurs, were also severely busy
during the hot August and September.
This was the case for Fujiya 1935,
whose chef experienced cooking in Barcelona,
which went through a complete rebuilding in 2 months time.

The entrance hall became a large space
of darkness, an entry to an intergalactic journey.
There were several stars on the wall giving the sense
of the galactic space which was intensified
by an art-piece blue table, which had running bubbles on its surface.

The ground floor table was vanished
and sacrificed itself for that ambitious entry hall
and an enlarged kitchen. This was necessary
for placing the increasing number of staff in the kitchen.

The first floor has a luxurious spacing
with vibrantly light-rich space.
The 3 large tables are well separated
from each other serving up to 12 guests.
There is a hiding room for the special gastro funs.
The overall design is very simplified late 1960`s retro,
with simple wood covers contrasting the plain walls.
An interesting décor achievement was the silver birch wood branches,
which has a cooling effect on the space and probably
on the boiled up customers, who have come through the heat-wave
d Osaka City.

The second floor is for the restrooms,
which must perfectly satisfy even the most peculiar rating agencies.

The served dishes were light and matching
for such a reception party.
The salad bowls were often served between the infamous Fujiya pasta
and bubble texture dishes. The wines were exceptional,
especially the vintage ones.
The Sardinian 2002 was a real treat
with its everlasting power of volcanic minerals.
An organic cava from 2000 also put up the niveau
of my understanding of the Spanish champagnes.

During our conversation, Fujiya pointed out the difficulties
they faced how to install the lighting system,
which was accorded to the original colours of the vegetables.
Now even at dinner the smallest leaf veggie
has a naturally vivid appearance, thanks to this hard work.
The amazingly high input this restaurant
and staff altogether has done, must pay off in the near future!

Please do not miss a chance pre-book this restaurant,
these are my reasons for that:

Reduced to maximum 20 seats
Enlarged kitchen with greater number of staff
Simplified space at every level, everything disturbing was removed.
Everything which is left, chiefly the space,
is designated for creating master works ipso facto
just like the Picasso`s laboratory in Mougins.
[PR]
by gg-farm | 2010-10-16 16:16 | レストラン☆Restaurants | Comments(0)
f0144707_190183.jpg


トマティーヨを栽培し始めて3年目、
土質、日当たり、水、品種などのことが
ようやく勘で分かり始めてきました。
(昨年の様子)



今年もに本ミツバチたちに助けてもらって
受粉もほぼ成功し、
霜が降りる頃まで旬が長く続きそうです。

酸味とみずみずしさのバランスも
まずまず整い、

夏は西洋胡瓜のサラダにバジルを加えて爽やかサラダ、
秋は魚介類のサラダに柑橘系を加える要領で、スライスしてマリネ
冬までに、青唐辛子を加えたサルサソースで保存しておいても楽しいです。

先日友人のメキシコ人の奥様にトマティーヨをお届けしたら、
メキシコでは、肉料理にも使う!とおっしゃっておられました。
ココの部分、もう少し詳しく聞いてから皆さんにお伝えしますね。

今筋子が旬のようで、
「しょうゆ漬け以外でいくら丼にしてー」と
挑戦してきたギャリに、
西洋風いくら丼を作ってみました。

西洋風いくら丼
[PR]
by gg-farm | 2010-10-13 15:46 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)
f0144707_5201179.jpg


いつもおせわになっております、
Abundanteさまで行われるイベントご案内です。

10月末、冬に向かってじわじわ味を深める
GG FARMの秋野菜を使って
料理研究家の松本裕美子さまが
フランス料理を服部様の器でお出しして下さります。

お野菜料理にあうミネラル豊富な
ビオディナミワインもお選びする予定です。

松本様のお料理、服部様の器、
生田様のテーブルコーディネート、
そして農も仲間入り、秋の芸術とされる貴重なイベントです。



■開催日
2日間(両日とも昼・夜2回開催いたします)
日時:10月29日(金)・30日(土) 
昼の部 11:30~14:00  
夜の部 19:00~21:30(予定)

■定員:各8名様 

■参加費: 会員 10,000円 / 一般11,000円

ご友人・ご家族の方など、お申し込みの際にご同伴の旨お伝えくださいませ。
☆Present!(レッスンで使用した服部竜也さんの器のお土産付き!)
※キャンセル料は前日及び当日は全額、前々日は¥5,000いただきます。ご了承下さいませ。

■Coordinator    生田純巳子

■料理  「Une Petite Maison」松本裕美子
お料理を担当下さる、
「Une Petite Maison」の松本裕美子さんは、
「あまから手帖」10月号の
~GG FARM便り 放し飼いの野菜たち~
の頁で、GGFARMのお野菜を使ったお料理を紹介してくださりました。


お申し込みはAbundanteさんまで
TEL: 0797-25-0862 FAX: 0797-25-0864
[PR]
by gg-farm | 2010-10-11 05:11 | イベント☆Event | Comments(0)

夏から秋へ

f0144707_864082.jpg


多年草の植物を含めて、
GG FARMには年間200種以上の
ベジ、ハーブ、花、スパイスが育っています。

今の時期、
毎日数種の夏野菜が消えて、
数種の秋冬野菜の種まきを行っています。

これから10、11月の霜が降りるまでは、
まわりの森の景色が色づくなか
夏&秋ベジがカラフルにガーデンを染めるので
心が弾みます。

先日は
「畑にある食べることができるすべてのお野菜を送ってください」と
楽しいリクエスト頂いたのですが、50種ほどありました。

今年は夏が暑かっただけに、
日々少しずつ変化する秋景色に癒されます。

この景色の旬をレストラン様やご家庭へ
タイムリーにお届けしたいと思っています。

10月のガーデン List
[PR]
by gg-farm | 2010-10-05 07:13 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
f0144707_16472627.jpg


このブログでも何度か登場したしまぶうシェフが
本日、白馬でお店をオープンしました。

イタリアン食堂FORTE

標高900メートルにある白馬周辺の素材、
山菜、ワイルドきのこ、フルーツ、野菜、
川魚、新潟の魚、放牧野豚、山羊乳、
地粉(石臼製粉)、そば粉
レストラン敷地内にあるガーデン採れたて野菜&ハーブ(オーガニック!)
冷たく澄んだ湧き水と空気
ビオワイン、地酒、イタリアンピール

などなどをふんだんに使った
しまぶうシェフによるダイナミックなイタリアン料理と、
パテシェゆきによる天然酵母パンやスイーツが白馬で待っています。

☆兵庫県三田出身で、イタリア在住経験のあるのしまぶうシェフは、
GG FARM初期からの
ベジ&ハーブ、料理アドバイザーとして協力して下さっています。

f0144707_16474890.jpg

f0144707_1651654.jpg

[PR]
by gg-farm | 2010-10-01 16:48 | レストラン☆Restaurants | Comments(0)