ハンガリー生まれの農業家ゲルゲイが耕すグルメガーデンGG FARMの旬やハンガリーの食などを綴っています。


by GG FARM

<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

専門料理10月号

専門料理10月号に、
カセントさんの前菜の記事が掲載されています。

前菜の流れの背景を細かく記載されていました。

福本シェフがどのようなお考えで
旬のベジやハーブを位置づけて、
お客様へお出しされているか改めて知り、
感慨深いものがありました。

f0144707_4413236.jpg

[PR]
by gg-farm | 2010-09-29 21:31 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

バターナッツかぼちゃ

f0144707_16435821.jpg


アライグマの行動と駆け引きしながら
バターナッツかぼちゃを収穫中です。

2年前から自家採種した
種で育った曾孫たちです。(2種類)

酷暑、雨不足で、一時、
バターナッツの葉が焼けてしまい、
下に垂れ下がり、
実が大きくならずで、

このまま、わらを敷いたり、水をやったり
手当てを続けようか迷いましたが、

なにもしないで諦めるより、
やってよかった。
今年も豊作です!

例年より小ぶりではありますが、
例年よりも、甘くて、実が凝縮したような感じに
仕上がっています。

収穫後、まだ追熟させてあげる予定です。
10月後半あたりから食べごろ、
クリスマスのメニューにも最適です。

バターナッツに再会した娘は、
2、3歳のときに頂いたお料理を思い出して、
「硲さんの(イタリアン食堂ALBA)
バターナッツのクリームパスタが食べた~い!」
と繰り返し言っています。
まだ4歳5ヶ月なんですけどね・・・

そりゃ、ギャリパパ、酷暑でも頑張りましたよ。


バターナッツスープ
の記事はコチラ
[PR]
by gg-farm | 2010-09-29 16:42 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)
f0144707_14114945.jpg


初夏に甘くぷちっと感たっぷり育った
イギリス、フランス、ハンガリーバージョンの
petit poirs ペティ ポア。

新鮮なうちにさやから出して頂くと、
生のままでもみずみずしくてグッドでした。
ヨーロッパではこの豆を
生で食べる地域もあります。

豆命(臭い言い方ですみません)の
ギャリは、豆が食卓に並ぶと機嫌がよいので、
さっと熱湯にくぐらせ、冷凍保存して
この夏の疲れが出そうな時期にスタンバってました。

自然解凍して、この鮮やかな色、
ちょっと嬉しくなりました。
来年もどっさり育ててみます。

ペティポア簡単スープ
[PR]
by gg-farm | 2010-09-28 14:12 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

秋雨

f0144707_18452291.jpg



先日、
秋雨を分けていただきました。

酷暑後の雨に安堵しまして、
乾杯をして夜長を楽しんだ我が家でありました。

夏と秋が行ったり来たりしながら、
少しずつ季節が移っていきます。

ガーデンも
クリスマスに向けて
だんだんカラフルに秋の味をふかめていきます。

暑い夏の思い出を
ポジティブに振り返ることができるように
よい年で締めくくっていきたいと思っています。

秋雨後のガーデン
[PR]
by gg-farm | 2010-09-25 09:38 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

melon

f0144707_1723568.jpg


これもの仲間ですが、
ニックネームは東洋メロンと呼んで可愛がって育てました。

酷暑から守るために、
ガーデン内の一等地で土が水分を含みやすい場所を選んで、
育ててみました。

まくわうりより、みずみずしくて、香りがフルーツ寄りで、
繊維は細かいタイプです。

おススメのお料理は、
オリーブオイル&ガーリック、バジルまたはミント
などを効かせたサラダに魚介類とあえたり、

摩り下ろして、柑橘類と混ぜてドレッシングにしたり、

そのままミキサーにかけて冷たいスープや、
グラニテもよし。

バーベキューもまったりできる季節、
冷たい前菜として、
生ハムをまいたりなどしてもお使いいただけます。

食欲の秋ですね☆
[PR]
by gg-farm | 2010-09-24 17:23 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

あまから手帖10月号


GG FARM便りを連載頂いている
今月のあまから手帖10月号は、「道具」がテーマです。

育つベジを含め、
育つ土、環境もオーガニックで、
可能な限り次世代へ渡せる持続可能型農業で
実践していることを紹介いただきました。

お料理は、いつもお世話になっている
料理研究家の松本裕美子さんが

白きゅうり、西洋きゅうり、日本のきゅうりの
個性を生かしてくださった、
きゅうりのコース仕立てをセンスよく
クリエイトしてくださりました。

今書店に並んでいますので、見てくださいね!
[PR]
by gg-farm | 2010-09-23 16:17 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

f0144707_16145212.jpg


蒸したくりかぼちゃを
卵、牛乳、砂糖とミキサーにかけて
オーブンで焼くだけの簡単焼きプリンを娘と作りました。

普段は、
少しだけシナモンをきかせるのですが、

ちょうど乾燥しかけていたアニスシードが
視界に入ったので、ミルサーにかけてちょっと加えてみました。

アニスシードは粒のまま
お魚料理やクッキー、パンに使っていましたが、

粉末にしても香りがはっきり残るし、
粒がプリンの滑らかな平和を邪魔しないし、
アニス独特の香りがまったりしたプリンをスキップさせてくれるので
おもしろかったです。

9月中にアニスシードを収穫して乾燥しますので、
お楽しみにお待ちくださいね。

アニスシードの乾燥が終了した頃には、
アニスリーフや、ベビーフェンネルが姿を見せます☆
[PR]
by gg-farm | 2010-09-23 09:02 | チャイルドキッチン☆ | Comments(0)
f0144707_14543446.jpg

f0144707_1459877.jpg


どちらもほおずきの仲間で、
メキシコ原産、ナス科の植物です。

写真上 トマティーヨ☆(加熱向き)
サルサソース、チャツネ、オーブンローストしてどうぞ
生で薄くスライスして水にさらすと、サラダ感覚でお楽しみいただけます。

写真下 ストロベリートマト☆(生食向き)
そのままデザートに、ドレッシングやサラダに混ぜてどうぞ
 加熱すると初恋の味に出会えたよ~な、うれしい気持ちになります☆


日中の気温が30度以下に下がってから、
わんさか実が熟し始めています。

土も水も光も充分だったけれど
受粉に失敗して実がつかなかった1年目。

日本ミツバチたちのおかげで受粉は成功yet,
土が肥えすぎて実が半分落ちた2年目。

酷暑で実りが遅かったけれど
小粒なのに味も実もしっかりしてきた3年目の
トマティーヨ&ストロベリートマトです。

これから霜がおりる11月下旬頃まで
甘さと酸味のバランスが整って秋らしいお味になります。
[PR]
by gg-farm | 2010-09-21 12:41 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

生レモングラス

f0144707_1113572.jpg


レモングラスの収穫まであと数週間となりました!

夏が酷暑だったためか、
やや細めではありますが、
味も香りも昨年よりパワフルです!

今年は、レモングラスを露地で
冬越しができるかどうかの実験で、
5箇所に分けて育てています。

フレッシュの生の茎はとてもジューシーなので、
ジュレなどのデザートにもお使いいただけます。
タイ料理、ベトナム料理がお好きな方、
レモングラスティーでリラックスされたい方、
スタンバイよろしくお願いします。


Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-09-20 11:14 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

海、山、川の幸&ベジ

f0144707_7431595.jpg


暑い夏だったので、
暇を見つけては、川や海、山で過ごしていました。

こどもと暮らしはじめてから、
街へ出ることが激減しましたが、
びーちゃんを言い訳にして旅した田舎で

夏の海、山、川の幸と
ベジ&ハーブの料理の相性を
いろいろ知ることができました。

今年は畑にも熱がこもり続けましたが、
他の場所でも同じく、
水がぬるく、魚にも影響があったり、
フルーツはこぶりで甘かったようです。

写真は、しまぶうシェフに作ってもらった一品
赤イカのあぶり焼き&バジルミント
オリーブオイルと酢橘がとてもよくあいました。

イカは、火であぶると、余分な水分が出ずに、
甘さが凝縮して食感がよくなるそうな。
(ほんまやった・・)

ロゼスパークリング☆ブラウフレンキッシュ☆ビオディナミ
ヴェニンガーさん ショプロン産地 ハンガリー
[PR]
by gg-farm | 2010-09-18 08:26 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)