ハンガリー生まれの農業家ゲルゲイが耕すグルメガーデンGG FARMの旬やハンガリーの食などを綴っています。


by GG FARM

<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

梅雨が明けたら♪

f0144707_1436085.jpg


まだまだ雨雲が覆っている毎日ですね。
梅雨が明ければ、
夏野菜も華やかなお色直しをはじめます。

今年は例年よりゆっくりめですが、
イタリアンズッキーニもそろそろです。

食卓のカラーもかわる前に、
東灘区にある輸入食材店porcoさんで
いろいろおもしろそうなものをそろえてきました。

特に欲しかった
ポレンタ粉や、シェリービネガー、セモリナ粉、
それから赤粒コショウ(オーガニックなの!)に出会えて感激☆☆

キッチンも暑くなりますが、
こんな楽しい食材とベジ&ハーブがあれば、
お料理もお食事も楽しめそうです。

早く梅雨が明けないかな~
[PR]
by gg-farm | 2010-06-29 14:38 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
f0144707_7523425.jpg


しまぶうシェフからの、
フェンネルセージ&フェンネルジャムレポートが届きました!

あともうしばらくフェンネルがおいしい季節なので、
ご参考にして頂ければ幸いです。

*****************

この間ソーセージの話題が出たので作ってみました。

ソーセージだけだと面白くないので、
ソーセージのアクセントに付けるウイキョウジャムを作っちゃいまして。

かなり香高くていい感じでした!!



作り方は簡単!!!
ソーセージは豚肩ロース 豚バラを5mm角に切って 
ひたすら練ること15分(ここがかなり重要)

肉のコマ切れが一つの塊になったら 
ここで塩(基本は肉の質量に対して1%)
ニンニクのすりおろし 
ウイキョウのみじん切り

を加えてもうひと練りで出来上がりです。
成型は腸に詰めなくてもラップでキャンディーの様に巻いてもらえば、
それなりの形になっちゃいます。

ウイキョウジャムは、
その他のジャムと同じく切って 
砂糖を加えて煮るだけですが・・・香がいいです!!


最後に根っこは余ったソーセージと一緒に
ウイキョウ入りカレーにしてごちそうさまでした。。

f0144707_7524998.jpg


速報!
しまぶうシェフのソロデビューもそろそろです!
GG FARMブログでもお知らせいたします。
お楽しみに。


Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-06-26 07:51 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)
f0144707_5444426.jpg


イギリスで思い出に残ったデザートのひとつ、
ルバーブクランブル&アップルクランブル♪

暑さに弱いルバーブなので、
急いで収穫して試食してみました。

 
①ルバーブをざくざく1~2cmに切って
さとうを少々降りなじませる。
レモンをギュッと絞ってルバーブにかけておく。

②クランブルを作る。
 (クランブル☆小麦粉 100g(オートミールなども混ぜてもよし!) 
          砂糖 20g(控えめです☆基本のレシピは50g) 
          冷えたバター 50g(ふつうのオイルに代えて作ることも可能)
   

③小麦粉と砂糖をボウルに入れて混ぜ、
小さく切ったバターを加え小麦粉と混ぜ合わせながら両手でで捏ねる
(バターに粉をまぶして、つぶす感覚を3~5分続けるとボソボソになり完成)
     
④ルバーブを耐熱皿に入れ、その上ボソボソクランブルをかける

⑤予熱した180度のオーブンで表面がこんがりになるまで焼く(20~25分)

☆信じられないかもしれませんが、
ガサガサのルバーブがやわらかくなっています。

☆カスタードクリームをかけて食べるのが
イギリスでは主流だったかな、
今回は面倒だったので、ヨーグルトで代用しました。

☆お好みですが、
2日目のほうがクランブルがしっとりして、
ルバーブと味が馴染みます。

f0144707_5455419.jpg
   
[PR]
by gg-farm | 2010-06-25 07:32 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

即席初夏野菜のピクルス

f0144707_15452353.jpg



ピクルスが恋しくておいしい季節になりましたね。

たくさん作って冷蔵庫に冷やしておけば、
夕食のおかずも一品助かりますね。

今日は、即席初夏野菜のピクルスを紹介します。

************

①ビーツ、フェンネル、人参を洗う。
それぞれの根も皮を剥かず、たわしでゴシゴシ♪

②ピクルス液をカップに混ぜる


シェリービネガー 大匙5
米酢  大匙2
水  水2分の1カップ
オリーブオイル 大匙2
ハニー  大匙2
塩  塩小匙1
醤油 少々
赤胡椒 少々
ウインターセイボリー 少々


③鍋に(できればほうろう鍋がよいかな)野菜を入れて、
ピクルス液をまわしかけてふたをする


④中火にかけて3~5分煮て歯ごたえが残る程度に
火を通して鍋ごと火につけてさます。


⑤冷蔵庫に冷やせば、保存食として数日間
味を深めながらお楽しみ頂けます。


今期のビーツの茎は、適度な加熱までは
ホクホクエグミも無くお楽しみいただいています。

フェンネルはもう少しの間茎も柔らかく、
実の部分は加熱するとほっくりして、
フェンネル独特の香りが優しくなります。


*************

シェリービネガーとオーガニック赤コショウは
【輸入食材屋 Porco Bacio(ポルコ・バッチョ)】
Address:神戸市東灘区岡本1-5-20甲南セブンハイツ105号
Phone: 078-771-6871


*************

上記のレシピは、
「旬を丸ごと生かす食卓」
梅崎和子著の夏野菜のピクルス風を
アレンジしたものです。

分量は、お好みによって
調整してみてくださいね。
[PR]
by gg-farm | 2010-06-24 15:45 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

初夏のごちそう 7月BOX


f0144707_15271427.jpg



GG FARM SHOPにて
初夏のごちそう7月BOXの紹介をスタートいたしました。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by gg-farm | 2010-06-24 15:27 | Comments(0)

フェンネルセージ

f0144707_7165918.jpg



しまぶーシェフに
皮なしソーセージの作り方を教わりました。

今回は、
電話のみでのアドバイスだったので
ちょっと失敗もありましたが・・

ちびっ子も一緒に作れる簡単で安心、楽しいソーセージです。
以下の過程、今日は②よりびーちゃん参加しました。

写真下段はびーちゃんのソーセージ
「くじらのしっぽ、飛行機、メガネ、縄跳び型など」


バーベキューのシーズンですね。
お家でヘルシーソーセージはいかがでしょう♪


*****************


①豚の塊をミンチにする。
包丁でたたく、またはフードプロセッサーで。

今回は豚バラ部位と肩を使いました。
ミンチを購入するより、お気に入りの部位で豚の旨みを楽しめます。



②フェンネルの根から葉先までをざく切りに


③①と②、塩、ニンニクのすりおろし、
スパイス(マスタードシードやコリアンダーシードなど)
を手でコネル、よくよくよくこねる

☆ここでこね方が足りないと、焼いたときに
肉汁が出てしまい、ぱさぱさのソーセージになってしまいます。


④両手でソーセージ型になるように形づくる


⑤フライパンで転がしながら焼く


******************

9世紀のイギリスの料理書にも
皮なしソーセージが各家庭で
作られていたと記されていました。
穀物が豊富なイギリスは、
大麦や米入りもあったようです。

肉屋が出来はじめた頃からは
持ち運びで形が崩れないために
腸詰ソーセージができたという説もあります。
[PR]
by gg-farm | 2010-06-23 07:05 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

ベジフォンデュ

f0144707_734487.jpg



いつもお世話になっている清田シェフに
ベジフォンデュを作っていただきました。

清田シェフは、
大阪心斎橋のそむりえ亭さんでご活躍中、
あまから手帖6月号のGG FARM便りで紹介されていた方です。

熱い語り役は、福本シェフ(笑)

こういう仕事にめぐり合えて、
つくづくよかったと思う瞬間・・・

ほんの一瞬で終わってしまう休日・・・

たくさんのサポートをいつもありがとうございます。

f0144707_743911.jpg

[PR]
by gg-farm | 2010-06-21 20:14 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)
f0144707_15455998.jpg


ベジ&ハーブを癒す花々と
それらに魅了され活発に飛びまわるハチ達が
梅雨でも元気モリモリです。

ガーデン中心部で育つ、
ベジごころを思いやると同時に、

ハーブ、木々、そして特に花ごころを理解しようと
試みはじめてまだ数年ですが、
やっとそれなりに形になってきました。

雨雲が覆う暗い梅雨だからこそ、
花々がテーブルを華やかにしてくれたらいいなあと思っています。


f0144707_15482922.jpg

f0144707_15473369.jpg


花専門のKAZUYOさん♪
[PR]
by gg-farm | 2010-06-19 09:00 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
f0144707_7305143.jpg


ワイルドアーティチョークが
旬を向かえ初めています。

どこが食用なのか・・・

ビクトリア女王様は、

この若葉の棘を除いた部分をサラダで食べ、
蕾がある時期は、中心部分を食された。と、

イギリスの食文化史に記されているとか、
(ほんまかいな)

棘にも懲りず、
なにやらがんばってはります。

ちなみに、
この蕾が花開くと紫色の花びらがみられるのですが、
某レストラン様は、
ちょっと苦味と甘みある、繊細なこの花びらを
あるお料理に使われています。

いつか日本の食分化史に記されるの日が来るのかいな?


f0144707_7313097.jpg

f0144707_7335552.jpg

f0144707_7311916.jpg

f0144707_7314282.jpg
f0144707_7315075.jpg

[PR]
by gg-farm | 2010-06-18 08:21 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)
f0144707_651541.jpg


ベビーフェンネルをたくさん収穫したので、
びーちゃんとフェンネルシュウマイを作りました。

①写真に写っている白い根っこから、
おひげの葉先まですべてをみじん切りにして、

②豚バラブロックをミンチにし、
(今回はミンチをフェンネルのつなぎ用に使った感じです)

③①、②&ごま油、醤油、片栗粉
大人用にスパイスいろいろ混ぜて

④手のひらにシュウマイ皮に具を包んで
蒸して出来上がり。
(金子製麺さんの皮がおススメです)

f0144707_6505924.jpg


餃子より子どもには包みやすくて
皮が薄くて食べやすいんだなあと発見!

フェンネルの歯ごたえを残すために、
少し大きめに切ると、
シャキシャキして楽しいです。

雨でフェンネルがますますみずみずしく
なっています。
7月中旬までフェンネルがおいしい季節です♪

f0144707_650618.jpg

[PR]
by gg-farm | 2010-06-16 08:43 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)