ハンガリー生まれの農業家ゲルゲイが耕すグルメガーデンGG FARMの旬やハンガリーの食などを綴っています。


by GG FARM
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

繰り返す


f0144707_1754580.jpg


大人がこどもに
「~しなさい」といって何かをさせるより、

大人がふつうに振舞っていることが、
こどもの心と脳にタッチしたとき、

新しい力を発揮して
成長する瞬間があります。

そんな時、
大人にとっても、
ガミガミ言わなくてよかったな、
一緒に成長できたなと
嬉しくなります。

トイレットトレーニングや
文字の読み書きがよい例で、
子どもが興味を持つ時期、、
子どもにとってスタートするのにふさわしい時期があります。

なんでも積み重ね、繰り返しで
お互いにとってストレスなく階段を上ることができたら理想なのですがねえ~~~

f0144707_1745136.jpg
f0144707_175280.jpg
f0144707_1751089.jpg
f0144707_1752133.jpg
f0144707_1752968.jpg

[PR]
by gg-farm | 2010-05-30 17:02 | チャイルドキッチン☆ | Comments(0)

豆を知る

f0144707_17423665.jpg


絹さや
そら豆
グリーンピース
スナップ
さんどまめ
ささげ
モロッコ

今上記の豆が、(成育順番です)
ヨーロッパ品種、アジア品種など、
いろいろ順調に成育中です。

豆は、
根野菜のように日持ちしそうですが、
油断は大敵なんですねー

収穫後、着々と劣化しますので、
糖度が下がって硬くなってしまいます。

ハンガリーは、
と言っていいのか分かりませんが、
ギャリは、
ハンガリーのブドウ畑の下で、
豆料理をたくさん食べて育ったので、
豆の思い出、
風味、食感、こだわり収穫方法、保存方法が
たくさんあります。


今日は、イタリアそら豆と、ハンガリーみえんどうの
料理法を教わりました。


f0144707_17433030.jpg


イタリアそら豆チビサイズ、ビックサイズとも、
収穫後2,3日は薄皮も生食OK!です。
イタリアでは、
ペコリーノチーズとあわせてシンプルに
食べるのが主流だそうな。

グツグツ煮るより、
さやから出した豆をフライパンで軽く乾煎りしたり、
さやごと、炭火焼して、中を蒸し状態にして、食べると
甘苦く、おもしろいです。

味付けはシンプルにオリーブオイルと塩で。


f0144707_1744412.jpg


ハンガリーのみえんどうは、
みため、スナップで、中の実は小さいですが、
その中の実をスープなどにして食べます。

甘いので、出汁やブイヨンは不要で、
その豆の煮汁がおいしいです。

ギャリのひいばあちゃんは、
レモンを仕上げにギュッとしぼってくれたそうです♪

f0144707_17442435.jpg


スープのアクセントにイタパセなどが無難ですが、
ちょっと冒険して、
ラベッジ(山セロリ)をブーケガルニ風にして
使ってみました。

ちびっ子がいるご家庭は、控えめがいいです。
ラベッジを細かく刻んで、
大人だけ後ほど加えるのもよし。
でも少量ね。

まったりした感じに、シャープさが加わって
よいバランスになります。

まだあと2週間ほど
絹さや
そら豆
グリーンピースが収穫されそうな感じです。
[PR]
by gg-farm | 2010-05-29 18:25 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

フラワーレディー


f0144707_17482055.jpg

ワイルドアーティチョークを花束に(蕾の中身は生食OK)

GG FARMの
主に、デコレーション用フラワー&エディブルフラワーを
お手伝いしてくださるKさんです♪

ウエディングやデパートのフラワーディスプレー関係の
お仕事を長年担当されていました。
もちろんグリーンフィンガーの持ち主です。
↓ほらね!

f0144707_17581564.jpg


2年前から
オールドガーデンには欠かせなかったフラワーとスパイスに
力を入れ始めているGG FARMにとって
天使が舞い下りてきたような感じです。

そろそろウエディングシーズン、
エディブルフラワーテーブルなんてどうかしら。

寒い冬も、
畑の風土をお届けできるディスプレーってステキ。。。

出会いって大切ですね。
夢がまた広がります。


Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-05-29 17:58 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

ギャリ豆

f0144707_16451113.jpg

大人の剪定ばさみを持ってご機嫌で一生懸命のびーちゃん




「ギャリ豆」
また造語を作てしまいましたー

彼の豆に対するパッションはやまず、
豆ガーデンになりそうな勢いです。

イタリアのそら豆(半生で薄皮も食べることができます)
ジャンボ絹さや&チビ絹さや(クリスピーで風味豊か)
ハンガリーのグリーンピース(見た目はスナップえんどう、チビだけど甘い)
さんどまめいろいろ(6月中旬以降豊作予定)
フェヌグリーク(豆苗も生食OK)
などなど。。。

イタリア旅行で出会った豆の味を思い出した!と
おっしゃってくださった東京都のWさんのように、

同じ豆でも収穫期によって味や風味が全くちがうんですね。

「まだ若すぎる!成熟すぎている!急いで!!」と
ギャリに注意を受けてばかりだったわたくしにとって、

豆の時期は仮病を使おうかと思ったくらいですが、
今年はやっとギャリ豆のよさと味が分かり始めています。

みなさん、いかがですか?


f0144707_16462790.jpg

ハンガリーのグリーンピース


f0144707_16464694.jpg

豆ごはん
(このグリーンピースは調理時間短めが風味をお楽しみ頂けます。
ご飯と、豆を別々に調理して、仕上げに混ぜると色も甘さも長い間お楽しみ頂けます)



f0144707_16483615.jpg

グリーンピースのクリームスープ
(子どもの頃、毎年ハンガリーのおばあちゃんに作ってもらった豆スープ
お出汁は、豆と新玉ねぎの甘みだけです。
ラベッジやパーセルなどのスパイスを効かせると豆の甘さと対照的でおもしろいです。)

☆注
おばあちゃんは、グリーンピースのさやの甘さを出汁に移すかんじで
一緒にスープに煮ていたそうです。


f0144707_16531446.jpg

イタリアのそら豆
オーブンにさやごと入れて5~10分ほど
蒸し焼き状態になります。

☆注
このタイプのそら豆はさやも煮込みに使われることもあります。



f0144707_16521128.jpg


薄皮も一緒に味付け
お気に入りのオイルと塩、レモン汁少々のみで



Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-05-25 16:35 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

韓国のファジョン

f0144707_629525.jpg

サルシフィーの花

5月30日(日曜日)調布市若葉町にある森のテラスの蚤の市にて、
さいえりさんが、GGベジ、ハーブ、&エディブルフラワーを使って
花もち(韓国のファジョ)を焼いて出店されます。
お近くの方、ふらっと寄ってみてください♪


Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-05-24 06:28 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

Dear All,

f0144707_1928990.jpg


Dear All,

I am back at home and finally found some time to sit down and inform you about the current situation of our gardening.

As you know we have been experiencing an ‘unusual’ or ‘extraordinary’ weather since the beginning of February. The rains just never end and the sun has been doing asome sort of hide-and-seek game with us. The temperatures also are under the average ones, but I can recall a similarly cool and normal spring of 2006. Anyway most farmers have been suffering not from this weather but more likely from their absence of knowledge and observation of their soil conditions! Fortunately at GG Farm I could manage to sow all the seeds, to be honest, I planted much more than I planned back at Christmas time.


f0144707_19283949.jpg



The garden had a slow start in April, which allowed me to keep on sowing spring vegetables. What are those spring vegetables and herbs? I try to recall my childhood memories of the pre-global warming era, then my grandma put together a petit pois soup with pencil thin carrots, Hamburg parsley thinning, spring onion and the old fashioned celery. Now this year all these veggies can be harvested at the same time for the pleasure of all of us, who wish to enjoy the best treat of the season. From next week the bean and pea season will really begin, you can expect in your boxes broad beans, petit pois, mangetout small and larger version, snack peas and garden peas for a change! All the legumes weathered the cool and wet spring without any trouble and now the flowers quickly become beautifully sweet and textured peas.


f0144707_19322991.jpg


The other phenomenal vegetable group is the leaf plants, which do so well under the clouds. The lettuces, endives, chicories and chards of all sorts do grow with the forces of Hercules and do produce abundant yields. To cheer up the palate with some spicier notes, there is the group of onions (Allium species) which can be harvested now without much trouble. The all-time favourite like wakegi or garlic flower buds can be picked all the time. Finally the purple bunching onions also started to come and of the course the more culinary chives and leeks also appear now.

f0144707_1929231.jpg


This year I managed to add several new herbs to the garden, they are all old-fashioned creatures. There are all sorts of things of the medieval garden like tansy, Russian tarragon and alkanet to name a few. The edible flower project has been fortunately extended as some new and experimenting chefs requested me to grow for them. I hope that one day you all also can accept such tasty and healthy plant parts as the flowers in your boxes which can add real accent to your salad arrangements!

f0144707_19294268.jpg


This spring due to the continuous rainfalls I used instead of hay the living mulch concept, where I use for shadowing the soil quick maturing plants like radish, cress or lettuces. The benefits are tremendous compared to the hay or straw mulch when the soil get soaked with water too much, whereas in the case of living mulch these fast maturing plants pick up and store the excess water! Of course the summer still ahead, so I started use both living and non-living mulch for the runner beans.

f0144707_1930438.jpg


The wines of GG Farm Collection have also been ripening well, in another post I am going to give a detail how they are developing…

Wishing you all happy gardening, cooking and dining which we all need: exercise in the fresh air, concentration and relaxation. Also please never worry about the ‘strange’ weather conditions, in every difficulty rests the real solution, which we humans have to find as cogito ergo sum.


f0144707_19304778.jpg


Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-05-23 19:30 | English Dialy | Comments(0)

春野菜

f0144707_21144341.jpg


春らしい光と共に、
畑周りの新緑が作物を覆うように育ち始めました。

春風はまだ冷たいくらいですが、
足元はしっかりあたたまり、やっと豆の収穫がはじまりました。

豆以外の春野菜も
まわりの新緑の濃度に並行して、勢いをつけて成育してきています。

眩しい空や春雨、5月の風、ミツバチたち、
GG FARMを応援してくださる皆様の自然へのお心のおかげで
例年よりもはるかに長い間、春野菜を楽しむことができています♪

ビーツや新にんにくの収穫もそろそろスタート、
本格的に豆の味がのりはじめるのは、
今週半ばあたりからくらいです。


f0144707_21151545.jpg

ワイルドアーティチョーク



f0144707_21155317.jpg

ローストで頂きたいハンガリーの赤ねぎ



f0144707_21162862.jpg

反対に向けるとキャンドルライトのような赤大根



f0144707_21171153.jpg

イタリア旅行で出会ったキャロット



f0144707_21184088.jpg

今年は苦味よりみずみずしい春ラディッシュ



f0144707_21193498.jpg

根っこの先から葉先まで優しい味の春ベビーフェンネル



f0144707_21204750.jpg

フランス生まれのチビ絹さや 



f0144707_21213732.jpg

ピュレにもできそうなビック絹さや



f0144707_21224329.jpg

viola 



Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-05-22 21:24 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)

ハーブの保存方法

f0144707_2144462.jpg


これから7月初旬あたりまで、サラダ野菜はもちろん、
次から次へとハーブやスパイス、花々がおいしい季節になります♪

我が家のシェフ、しまぶうに、
ハーブの保存方法をアドバイスいただきましたので、
ご紹介します。



左から 
万能ハーブオイル 

作り方は、
f0144707_10193027.jpg
コリアンダー 
フェンネル 
パセリ 
ハンガリーのニンニク 
チャイブ 
鷹の爪を細かく刻んでオリーブオイルと塩をするだけ!!

     
たくさんハーブが採れた時の保存法にお勧めです!
 使い道は茹でたジャガイモにかけたり、蒸した白身魚にかけてもらってもおいしいです。


写真真ん中
セロリの原種とウィンターセイボリービネガー


写真右端
アニスビネガー 
作り方は 簡単!漬けるだけ!
これもギァリベジを長く楽しみたい人へのお勧めアイテムでごあす!!!
[PR]
by gg-farm | 2010-05-22 10:09 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

カルドとアサリ

f0144707_16355159.jpg


三田にお住まいのグルメママからのお便り。

「カルドンは今週アサリ缶といため煮にしてみました。
できてスグはすごく美味でしたが、保存には向かず、
カルドンの色が悪くなってしまいました。
缶詰でなく生ならよかったのかな。」

アサリの出汁とカルドンがあいそうで、おいしそう!
そろそろ生のアサリの旬は終わりなのかな。
カルドにあいそうな初夏のお魚料理も楽しんでみたいですね♪
[PR]
by gg-farm | 2010-05-15 16:39 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

長い春

f0144707_16104633.jpg



恋話で「長い春は・・・」と言いますが、
畑話の「長い春は春野菜がみずみずしくて豊作」です。

涼しく雨量が多い分、
特にハーブが例年より長く収穫でき、
サラダ野菜のおいしい時期が続いています。

写真は、今畑で旬を迎えているベジ&ハーブの一部で、
例年になくおもしろい味があちらこちらで育っています。

色々な種類の木々や山菜、花々、生き物の共存によって
ひとつの森が成り立つように、

ガーデンにもそのような要素を取り入れながら
ベジ&ハーブ、スパイス、花々が
本来あるべき姿と味で育つように努めています。

f0144707_1611264.jpg
f0144707_16111219.jpg


左より時計回りで
ハンガリーのニンニク&赤ねぎ
キャンドルライトラディッシュ
フランスの蕪
エシャロット
ラディッシュ3種類
赤ビーツ葉
ブルームの花
セロリの原種
ランピオン
チーマディラーパ
バジルミント
ルッコラ
チコリグルモロ
サニーレタス
スイスチャード
ベビーフェンネル
アニス
ラベッジ
チャイブ





Twitterボタン
Twitter
[PR]
by gg-farm | 2010-05-15 16:11 | 日々のこと☆Dialy | Comments(0)