ハンガリー生まれの農業家ゲルゲイが耕すグルメガーデンGG FARMの旬やハンガリーの食などを綴っています。


by GG FARM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ベジ料理☆Vegi cooking( 85 )

ビーツ

f0144707_23574536.jpg


毎年かならず春&冬に
育てる野菜のひとつ、ビーツ。

かぞえてみると早いもので
今期で12回目のビーツです。

日中の気温が30度を超えますが
まだ茎も葉もやわらかかく
根部分もなめらかに育っています。

More
[PR]
by gg-farm | 2012-06-29 23:12 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

白瓜料理

f0144707_1535068.jpg


まだまだ続きます・・
瓜の紹介です。

今週~来週へかけて
キュウリと並行して
白瓜がよい状態で育っています。

瓜料理といえば・・・
お漬物を連想してしまうのは
関西だからなのでしょうかね。


f0144707_15353970.jpg


でもね、この白瓜。

肌ツヤええし、
ベッピンさんなんですよ。
肉質は細こおてね。
あもおて(甘くて)、
お上品でええお味。

是非、
この美人白瓜料理を冒険してみてください!

茶路めん羊牧場さんのマトンと
下茹でしたサツマイモのツルと一緒にグリルして、
タイバジルで仕上げたら、

エキゾチックな白瓜君へ変身!

キュウリほど水分が含まれていないから、
ローストすると、

ちょっとねっとり
甘くもなります。
ズッキーニより、大人なローストです♪

f0144707_15392144.jpg


その他

肉詰め
カルパッチョ
バター煮
カレー
スープ煮
ピクルス
浅漬け
和え物
酢の物

などなど。


f0144707_1540515.jpg


期待される効用は、
利尿作用や高血圧の改善だそうです。

さすが夏ベジですね!

日本の夏=瓜料理の法則が
体内時計に刻み込んでしまったギャリは
瓜ベジを過保護に世話しています。

今年はまだ朝晩涼くて
夜露&朝露たっぷり含まれて、

瓜に最適の雨量にも恵まれ、

土は、
初夏に育っていた豆などのおかげで
ふっかふか、

蜜蜂たちもブンブン活発に
受粉を助けてくれています。



夏瓜シリーズまだまだ続きます。

夏のイベント共に、
夏料理を満喫していただければ嬉しいです。

f0144707_1536327.jpg

f0144707_18343483.jpg

[PR]
by gg-farm | 2011-08-02 15:36 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

冷瓜菜

f0144707_721477.jpg


暑いと冷えもんが恋しくなりますね。

先日は、
ワイパー使っても前が見えないくらいの
豪雨に襲われたガーデンでしたが、
そのおかげで
瓜ベジ達がパワーアップしています。


f0144707_722915.jpg


f0144707_7215779.jpg



胡瓜、白瓜、まくわ瓜、苦瓜、メロンなどを
使った冷瓜菜の紹介です。

今回は固くて大豆の旨みがある
尾崎食品さんの田舎豆腐を使用しています。

このお豆腐は、
チーズくらいの存在感がありますが、
豆腐のかわりにフェタチーズを使用するのも
おススメ!!です。

その他おいしいイカやタコなんかもいいですよ。

f0144707_7202914.jpg


~冷瓜菜~

【材料】
キュウリと瓜いろいろ
固い豆腐
オリーブ
ワインビネガー
レモン汁
赤玉ねぎ
ニンニク摩り下ろし
ミントやバジル
ドライトマトのオリーブオイル漬け


①キュウリ、瓜いろいろをサイコロ型に切り、
塩でもみ、水分を出す

②豆腐をサイコロ型に切る

③ビネガー、オリーブオイル、レモン汁
塩、赤玉ねぎの摩り下ろしまたはみじん切り
ニンニクの摩り下ろしを
よく混ぜる

④③に具を全部混ぜて、
お好みでドライトマトのオイル漬けや
ミント、バジルを刻んだもの、
オリーブ、魚介類を和える。

⑤冷蔵庫で冷やしてひんやりどうぞ。

★バジルやミントを加えるだけで爽やかさが増します♪


f0144707_7232825.jpg

             リストランテヒロ大阪 シュンシェフの冷瓜&ささげフリットなど 2011.7.28


f0144707_7192264.jpg

                 メロンとバジルミントをミキサーにかけ、レモン汁を加えて凍らせた冷瓜デザート
                  完熟メロンを頂いたので、砂糖なしです。

[PR]
by gg-farm | 2011-07-30 07:23 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(2)

根も葉も

f0144707_16545819.jpg

エグミのないビーツの根のビーツの葉はあくがなく、ホウレン草と同じように調理頂けます。




根野菜vs葉野菜
とよく分けられてしまいますが、

根は、
その葉が健康であったら
しっかり光合成して
根まで栄養がゆきわたり、

葉は、
その根がしっかり地を葉ってこそ
土からの栄養を吸って
はりのある葉を保ちます。

また、根野菜と言われている
葉や茎を観察するだけで、
根のコンディションが想像できたりもします。


f0144707_16524889.jpg


f0144707_17103627.jpg

ゴボウ 茎にあくがない時期は、根もやわらかく、
茎も根も下処理せずにスープや、キンピラなどで頂けます。茎もポタージュにすると、山菜とゴボウが混ざったような新しい香りが漂います。




理屈っぽいですが、
どんな野菜もそれらが育つ土と
その土が存在する
ガーデンのコンディションを整えることが
大切だと痛感している日々です。

もちろん、種も、水も、
育てる人の心身の健康も
植物へ影響していき、

もし、選択できるのであれば、

それらの背景には、
豊かな自然のある環境であるほうが
望ましいと思います。


f0144707_1654185.jpg



ハナシがそれますが、

バイオダイナミックの認証を受ける
人参の種の中にも、

機械で収穫するために、
【機械で茎をつかんで土からほりあげるために】

人参の茎や葉を固く丈夫に育てる
品種改良がなされている場合もあります。

つまり、
植物本来の力や味は軽視されて、
作業の効率を優先されてしまうことがあるのが
あります。

f0144707_1794861.jpg


「昔の人参葉は、やわらかく香りがあった。」と
上野修三氏の奥様から教えて頂いたとき、

よし、ベテランの方にこの人参の葉がうまい!と
認めて頂けるような

健康な人参が育つガーデンを描いてみよう!
と思ってしまいました。



f0144707_1713036.jpg


土作りと環境を整えることに手間がかかっても、
収穫や、調理、下処理が不便でも、

わっ!

と感じるようなベジやハーブが育つと、
譲れないこだわりがたくさん出てきてしまいます。

これからの常夏は、
根野菜も葉野菜も育ちにくくなり、
実野菜が中心となりますが、

冬~初夏の根野菜や葉野菜が
残してくれた循環させた土と環境で育つ
みずみずしい夏の実野菜を
お届けしたいと思っています。
[PR]
by gg-farm | 2011-07-19 16:55 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(1)
以前ジェロボアムさんで分けて頂いた
サルディーニャ島のコレに出会ってから、

サルディーニャ島での
バカンスを夢見ています。

先月この島へ
新婚旅行へ行かれた料理人のF氏から、

「カルドンとサルシッチャの白ワイン煮込み」の
話を聞きました。

今では洒落たレストランには
登場しないこのメニューも、
実は古典的だとか。

パブのような場所で普段気軽に
食べておられるらしいです。




この島でも、GG FARMと同じで、
カルドンは、軟白栽培ではなくて、

何も覆わず、自然なスタイルで
太陽を浴びさせて育て
冬と春にも収穫されるそうなんです!

ピエモンテでは軟白栽培されたカルドンを
生食で、バーニャカウダーにされるそうですね。

イタリアン!っていても複雑で、
野菜ひとつとっても、
いろいろなストーリーがありますね。

この地球にガーデンが存在し続ける限り、
ベジ&ハーブを理由に
ご馳走旅行を夢見て病まないだろう
と思う今日この頃です。

もしくは、旅を続けている限り、
世界のご馳走を想像しながら、
ガーデンに立ち続ける誰かさんなのだろうと
思います。

カルドンのグラタン

カルドンのグラタン
[PR]
by gg-farm | 2011-05-11 21:06 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)
f0144707_674695.jpg


GWは春風が吹いて
こいのぼりも気持ちよさそうに
泳いでいましたね。

こどもの日を堺に、
気温がぐーんと上がって、
ベジ&ハーブ、フラワーが急成長中です。

日々変化するガーデンの様子を
もっとブログでお知らせしたいと思いつつ・・・
なかなか追いつけていなくて、
ごめんなさい。

f0144707_610578.jpg


それから、
お届けして、出会ったベジ&ハーブから
メニューを組み立ててくださる
シェフの皆様、お客様、
いつもありがとうございます。

今は、とにかくサラダ野菜とハーブ
カルドン(カルド)(cardon)、
エディブルフラワーがおいしい時期です。

あと今週末までは、
見た目も味もバランスよく育っている(と思う)
春のかぶらとチーマ・ディ・ラーパも
お届けしています。

春のかぶら
[PR]
by gg-farm | 2011-05-09 06:19 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

ハーブで春料理

f0144707_1863826.jpg

                   浜坂産ミミイカと生カルドン、チャービル、はっさくのマリネ



やわらかな新緑がみられる頃になると、
サラダ野菜はもちろん、ハーブの種類が多くなり
多彩な香りがテーブルを飾る季節になります。

ハーブを使ったお料理は、
春らしいポジティブで軽やかな
気持ちにさせてくれるような気がしませんか♪

f0144707_1611372.jpg


ハーブオイルや
ハーブペーストもよし、
ハーブパン粉もいいですね。

踊り始めた春魚のお料理には、
生ハーブをたくさん使って、
季節を感じてみてください。

ハーブ料理のアイデア
[PR]
by gg-farm | 2011-04-28 15:44 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

菊芋キッシュ

f0144707_1731268.jpg


先日は菊芋キッシュを焼いてみました。
寒い日のオーブン料理は、
おうちが温かくなってほっとしませんか♪

※焼き型(直径20cm)
菊芋・・・200グラムくらい
    (皮を剥くと、卵液の色が黒く変色しません。剥いた皮は、チップスにね。)
卵・・・3個
マッシュルーム・・・あれば
ベーコン(薄切り)・・・2~3枚
にんにく・・・好みで
パセリ(みじん切り)
生クリーム・・・1/4カップ
牛乳・・・1/2カップ
チーズ(とろけるタイプ)
塩・こしょう・・・少々
バター
パイ生地


1.菊芋は皮をむき、1cmくらいにスライスして固めにゆでます。
(やや大きめのほうが、菊芋の食感とお味をお楽しみいただけます)

2.マッシュルーム、ベーコン、をお好みの大きさに切ります。

3.フライパンにバターを熱し、にんにくを入れてよく炒め、
ベーコン、ジャガイモ、きのこの順に加えて炒めます。

4.塩、こしょうして味を調え、パセリを加えてひと混ぜし、火を止めます。
(ベーコンの塩加減に注意して、塩を加えてくださいね)

5.ボウルに卵を割りほぐじ、生クリーム、牛乳、チーズを加えて混ぜ合わせ、
塩、こしょうして味を調えます。

ポイント☆ここで、生の菊芋の皮を剥いたものを、
摩り下ろして混ぜて焼くと、生地にコクが出ます!


6.耐熱皿の内側にバターを塗り、薄く伸ばしたパイ生地を敷き、5を入れて全体に広げます。

7.180℃のオーブンに入れ、30分ほど焼きます。

※オーブンの種類、焼き型の大きさや深さによって
焼ける時間が違うので注意してください。

f0144707_1851574.jpg

ハンガリー人のピアニスト ギュラさん (写真右)たちとの宴会でキッシュが人気でした☆

お知らせです☆ギュラさんがを出版されています。
詳しくはGMアートグレイスさんのHPを音を出して、御覧&御視聴下さい。

ギュラさんのハンガリー料理も、おすすめです!
[PR]
by gg-farm | 2011-02-16 17:03 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

オゼイユ

f0144707_9264948.jpg


タデ科ルメクス属
別名:ガーデンソレル
仏名:オゼイユ 
和名:スカンポ・スイバ

今年も2種のオゼイユが姿を見せ始めました。

コレ!と思える味の種に出会うのは一苦労でしたが、
今年はほぼ満足です。

雪水をたくさん吸ってそだったので
今の時期は、
肉質が柔らかく、甘酸っぱい繊細な味がします。

3月後半以降は
ソレル狩りができるほどよく育ちますが、
酸味も強く、少したくましくなります。
ソースやジャムに向き始めます。

ハーブの中でも
古くから栽培されている記録が残っている
オゼイユです。
今ではファッションでサラダの飾りのように使われますが、
特に川魚のソースに使われると
オゼイユ独特の力を発揮します。

オゼイユのあとは、コリアンダー、パセリ、チャービル
チャイブ、ディルなどなどなど・・・♪
スプリングハーブ達がガーデンで一斉に背伸びしはじめます。

ハーブサラダのご準備はいいですか~☆
[PR]
by gg-farm | 2011-02-13 09:25 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)

レモングラスのお料理

f0144707_18451718.jpg


今週末はお天気が荒れそうですね。

真冬にレモングラスのお話もなんですが、
真夏のおまかせBOXでお届けした
生のレモングラスを冷凍してくださっているみなさまへ
参考になれば嬉しいです。

寒いときこそ
エスニックな気分で盛り上がろうじゃありませんかー!

まずはあったかメニューから。

f0144707_18441493.jpg

千葉県のSさんより
レモングラスとチキンの炊き込みご飯

まず鶏モモ肉をブツ切りのレモングラスと一緒にゆでます。
そのままさまし、冷めたら手で裂いておきます。

にんにくのみじん切りを炒め、
香りがしたら洗ってざるにあげておいた米も入れます。

米に油がまわったら、野菜も入れてさっと炒めます。

鶏肉のゆで汁を使って、ご飯を炊きます。
味付けにヌックマムとタイのシーズニングソース
(おしょうゆでもいいと思います)
砂糖を少し入れます。
ブツ切りのレモングラスも。

レモングラスをみじん切りにし、炒めます。
香りがでてきたら、鶏肉を入れてさっといためます。
ここにもすこしシーズニングソースを。

ご飯が炊き上がったら、こしょうと鶏肉を混ぜ合わせます。

みじん切りは根元のほうで。
ブツ切りは葉のほうを使いました。
レモングラスの香りがふわぁぁぁぁっと広がる、
レモングラス好きにはたまらないご飯です。


f0144707_18454773.jpg

我が家レモングラスたっぷり入りタイ風パエリア

材料
米(水の量は少な目で)
玉ねぎ 有頭海老、イカ、アサリ、パーナ貝 
レモングラス茎生 
にんにく
あればグリーンピースやコリアンダー
レモン

調味料
ナンプラー 
サフラン1つまみ

作り方
パエリアパンか、フライパンを火にかけ油をしき、
にんにくを入れ香りを出す。

玉ねぎをよく炒め、火が通ったら、米も一緒に炒める。

一旦火を止め、調味料を入れる。

平らにし、強火にかける。

沸騰したら弱火にして、
海老、イカ、アサリ、パーナ貝、レモングラス茎を並べ、フタをする。

水分がなくなった感じになったら火を止め、
グリーンピースを入れ15分蒸らす。

仕上げに、コリアンダーを散らし、
レモン汁を絞りながら頂く。



兵庫県宝塚市のMさんより
レモングラス入り菊芋のソムタム




f0144707_18464015.jpg

f0144707_1961975.jpg

f0144707_18473119.jpg

レモングラス風味のクレームブリュレ(ギャリ作)


その他トムヤンクンやグリーンカレーもいいですね。


おまけですが、毎年取り寄せている
広島のほうで育つフルーツのレモンは、
今期も2月から3月あたりが旬を迎えるお知らせを頂きました。

魚介類がおいしい寒い季節、
レモンを常備しておくと楽しいですね!
[PR]
by gg-farm | 2011-01-15 18:47 | ベジ料理☆Vegi cooking | Comments(0)